▽詳しくはトリア公式サイトをチェック!





トリア公式サイト>>


▽詳しくはケノン公式サイトをチェック!





後悔なしと口コミの脱毛器とエステ級美顔器>>


トリア4Xとケノン 脱毛器比較と家庭脱毛の全て

 

 

▽当サイトが導き出した答え

 

ドクンドクン生きてるアイテム、つまり試す価値のあるアイテムは・・・

 

 

家庭での脱毛には

トリアかケノン!

 

 

全アイテム紹介

家庭できる脱毛

家庭でできる脱毛法についての全てです

 

 

脱毛メカニズム

脱毛メカニズム

脱毛がおこるメカニズムについてです

 

 


トリアについて

トリア

レーザー脱毛器トリアの解説です

 

 

ケノンについて

ケノン

フラッシュ脱毛器ケノンの解説です

 

 


2機種の比較

トリアとケノンの比較

家庭用脱毛器頂上対決の比較です

 

 

美肌メカニズム

美肌メカニズム

美肌になるメカニズムの説明です

 

 


 

 

家庭でできる脱毛法まとめ

 

コンテンツ内容

 

■全アイテム紹介
■トリアについて
■ケノンについて
■トリアとケノンの比較
■脱毛メカニズム
■美肌メカニズム

 

トリア ケノン 比較

 

 

脱毛に関するアイテム、メカニズムについて全て説明する前に、

 

一応当サイトの結論をまず先にお伝えしておきます▽

 

家庭で脱毛作業するなら、レーザー脱毛のトリアかフラッシュ脱毛のケノンがお勧めです。

 

なんでかってのを、これから解説していきます▽

 

 

家庭での脱毛全アイテム紹介

 

脱毛手段にはいくつかの方法があります。

 

抜く、剃る、溶かす、熱式脱毛、フラッシュ(光)脱毛、レーザー脱毛などです。

 

抜くという選択

 

アナログな作業で抜く場合は、毛抜きで一本一本抜く方法とブラジリアンワックスやテープで一気に抜く方法があります。

 

 

ブラジリアンワックス例、脱毛用ブライズワックス

 

脱毛用ブライズワックス

 

 

▽楽天市場

脱毛用ブライズワックス>>

 

 

▽アマゾン

脱毛用プライズワックス>>

 

 

 

△セシールブライズワックス(部分用)の使用方法

 

 

△セシールブライズワックス(全体用)の使用方法

 

 

 

機器を使って一気に無駄毛を抜きたい場合にはパナソニックから発売している脱毛器のソイエが有名です。

 

パナソニック脱毛器 ソイエ

 

パナソニック脱毛器 ソイエ

 

 

楽天市場

パナソニック脱毛器 ソイエ>>

 

 

▽アマゾン

パナソニック脱毛器 ソイエ>>

 

 

 

剃るという選択

 

最寄りのドラックストア、コンビニなどで顔ソリ用、まゆ用もろもろ必要なカミソリが購入できます。

 

 

ブランド例

 

■貝印(KAI)
■ジレット
■フェザー安全剃刀
■Schick(シック)
■ハイドロ
■VENUS(ヴィーナス)
■クアトロ4フォーウーマン
■イントゥイション
■プリペア
■プロテクター
■ハイドロシルク
■クアトロ
■フェザー
■ジャガー
■アーティストクラブ

 

 

▽アマゾン

 

必要なカミソリ>>

 

 

 

溶かすという選択

 

除毛クリームは、アルカリ性のチオグリコール酸と言うアルカリ性の主成分が毛のタンパク質を分解して溶かします。

 

除毛クリーム例のこちらスリンキータッチ除毛クリームの主成分もチオグリコール酸カルシウムと言う成分です。

 

 

簡単に言うと脱毛と除毛の違いは、

 

脱毛:毛が生えてこなくなる処理を施す事

 

除毛:現在生えている毛に対して何かを施す事

 

除毛は、剃る行為と同じく目に見えている部分だけに作用します。

 

しかし剃る行為と違うのは毛先が鋭くとがっていないので、除毛した直後は剃った時のようなチクチク感が無くて済むと言った部分です。

 

 

▽ブランド例

 

■ヴィート
■エピラット
■null
■ソランシア(SORANSIA)
■メンズボディ
■FI-i-MO
■リソー販売
■ベビーフット
■エドニス
■CHRONOS
■REPICA
■アンドビューティー
■明色
■メディコスプロダクツ

 

 

 

スリンキータッチ除毛クリーム

 

 

▽楽天市場

 

スリンキータッチ除毛クリーム>>

 

 

▽アマゾン

 

除毛クリーム>>

 

 

 

熱線式脱毛という選択

 

熱線式脱毛のと言えばノーノーヘアシリーズです。

 

ノーノーヘアでは、レイディエンシー社が開発したサーミコンと言う技術が使用されています。

 

熱を発生させ毛を焼き切ります。

 

 

ノーノーヘアスマート

 

 

楽天市場

 

ノーノーヘアー>>

 

 

アマゾン

 

ノーノーヘアー>>

 

 

 

フラッシュ(光)脱毛という選択

 

レイボーテエクストラ

 

レイボーテの最上位機種です。

 

 

 

レイボーテ エクストラ>>

 

 

当サイトではご自分でされる脱毛ではフラッシュかレーザーをオススメしていますが、

 

レイボーテプロはそのフラッシュ脱毛一つです。

 

フラッシュ脱毛なので、レイボーテ エクストラと言う選択もアリと言えばアリなのですが、
ケノンと決定的な違いがあります。

 

ランプカートリッジの買い替えができません。

 

フラッシュ脱毛器はフラッシュする部分が消耗品なので使っているうちに寿命が来ます。

 

ケノンで言えば、使い切ったらカートリッジ(フラッシュする部分をカートリッジと言う)を付け替えます。

 

しかし、レイボーテ エクストラの場合付け替えがありません。

 

本体購入時の段階で、マックスのレベルで15万発照射できるのですが、使い切ったら終わりと言う・・・。

 

15万発打てれば良いかと言う気もするのですが、

 

 

参考:我が家では、妻と二人で1か月半でケノン3,725発使用しました

 

 

しかし5万円以上の本体価格のため、使い終わったらそれで終わりと言うのは少し心もとないですね・・・
(^^;

 

 

 

また、レイボーテではシリーズで低価格機種のレイボーテプロと言うアイテムを発売しています。

 

レイボーテプロ

 

日本テレビのPON!PON!ポシュレなどのテレビ番組でも紹介されました。

 

レイボーテプロ購入時に付属のカートリッジで約1万発照射ができます。

 

フラッシュ機器の中では破格です。

 

■フラッシュ+RF(ラジオ波)と、光と熱のダブルヒートテクノロジー作用
■加えてシェーバーも付いている
■照射 8平方cm

■カートリッジ(替えアタッチメント)が別売されている

 

この度発売元のヤーマンがレイボーテプロの製造終了を発表しました。

 

なのでこちらも現在カートリッジ(替えアタッチメント)の別買が難しいのですが、

 

これに伴い在庫限り、更にお買い得な価格で手に入るように知れません。

 

良い価格で出逢えれば、フラッシュ脱毛入門編として使用してみるのも良いかもしれません。

 

 

楽天市場

 

レイボーテプロ>>

 

 

アマゾン

 

レイボーテシリーズ>>

 

 

 

フィリップス ルメアプレステージ

 

フィリップス ルメアプレステージ

 

 

楽天市場

 

ルメアプレステージ>>

 

 

アマゾン

 

ルメアプレステージ>>

 

 

ネットではたまにケノンと比較されているのですが、公式ではどこにも“脱毛器”とは表示されていません。

 

あくまでも“優れている光美容器”と言うアイテムです。

 

光部容器としてヨーロッパでとても売れています。

 

 

 

そして、いよいよケノンの紹介をします。

 

 

ケノン

 

 

ケノン公式サイト情報>>

 

 


 

 

 

▽ケノンシャンパンゴールド 購入

 

ケノン

 

ケノン 画像

 

ケノン 使用 動画

 

ケノン レビュー

 

ケノン バージン6.2

 

ケノン 評判

 

ケノン 口コミ

 

 

▽ケノン ストロングカートリッジ

 

ケノン ストロングカートリッジ

 

ケノン ストロングカートリッジ 入手方法

 

ケノン ストロングカートリッジ 手に入れる

 

ストロングカートリッジは、自分が購入したタイミングでは使用後のレビューを書いて後日送付されました。

 

 

ケノンの使い方

 

まずは、2週間に1回を4〜5回の繰り返してみましょう。

 

照射する部位の毛を剃ります

 

10秒保冷剤で冷やします

 

照射します

 

照射した部分を10秒保冷剤で冷やします

 

繰り返します

 

 

▽ケノンで脱毛中の音

 

 

 

▽ケノンの一回一回の照射のテンポはこんな感じです。

 

 

 

照射し終わったら、化粧水と乳液で保湿をしっかりとする事でさらに肌を保護できます。

 

脱毛器の使用後は肌が乾燥しやすくなります!

 

 

化粧水 例

 

ロゼットセラミドローション

 

ロゼットセラミドローション

 

ハトムギ化粧水

 

ハトムギ化粧水

 

 

▽楽天市場

ロゼットセラミドローション>>

 

▽アマゾン

ロゼットセラミドローション>>

 

 

 

▽楽天市場

ハトムギ化粧水>>

 

▽アマゾン

ハトムギ化粧水>>

 

 

 

乳液 例

 

ミノンアミノモイスト

 

ミノンアミノモイスト

 

 

▽楽天市場

ミノンアミノモイスト>>

 

▽アマゾン

ミノンアミノモイスト>>

 

 

脱毛の具合に関しては、
毛の太さや色、質、毛周期などによって、個人差があります。

 

その他詳細はメーカーHPをチェックしてみましょう。▽

 

 

ケノンについてもっと詳しく>>

 

 

ランプ キセノンランプ、
光源 パルスライト
10段階

 

カートリッジ

 

ラージ未使用

 

 レベル1 200000発
 レベル10 13043発

 

エクストラ未使用

 

 レベル1 200000発
 レベル10 10000発

 

ラージとエクストラは一度の照射範囲が異なります。

 

 

スキンケア未使用

 

 レベル1 200000発
 レベル10 42857発

 

ストロング未使用

 

レベル10 10000発
レベル9 11111発
レベル8 12765発
レベル7 14285発
レベル6 18750発
レベル5 23076発
レベル4 27272発
レベル3 33333発
レベル2 42857発
レベル1 85714発

 

 

 

 

フラッシュ(光)脱毛についておさらいします。

 

光脱毛は、フラッシュ脱毛やIPL脱毛などとも呼ばれます。

 

レーザー脱毛は主に美容皮膚科、光脱毛は主に脱毛エステで使用されています。

 

 

照射した部分の黒い毛で、瞬間的に大きな熱エネルギーが発生しその熱が皮膚の中の毛根にまでダメージを与えて毛を弱らせます。

 

それを繰り返すことでどんどん毛は細くなり、スベスベツルツルに!!

 

どんどん無駄毛のお手入れが楽になっていくと言う仕組みです。

 

 

 

黒い部分に強く反応するため、無駄毛が成長期のタイミングで照射するのが一番効果的です。

 

無駄毛の処理方法には“抜く”っと言う方法がありますが、

 

毛を抜いてしまうと、次の毛の素は皮膚の中に残っているのですが黒い毛は無いため光を当てても意味がありません。

 

抜いた部分はまた同じような元気な毛がまた生えてきます。

 

生えてくるまで待って、光を照射する必要があります。

 

と言うわけで“毛を抜く”作業をしてしまうと、いざ本格的に脱毛作業をしようとしたときにツルツルスベスベになるまでに余計に時間がかかってしまう事になります。

 

そして毛を抜くと次に生えてくる毛が“埋没毛(埋もれ毛)”と言う毛になり易くなってしまいます。

 

これは皮膚からまっすぐ外に伸びず、皮膚の中で迷子のように横に伸びてしまう毛の事です。

 

見た目も良くなく、処理も手間が増えるため埋没毛(埋もれ下)を作らないためにも当サイトでは抜く方法はあまりオススメしていません。

 

 

補足ですが光(レーザーもですが)は、毛の黒い部分に反応します。
なので黒さの不十分な産毛や白髪では良い結果が得られにくいです。

 

 

ケノンの使用は冬からの使用がオススメです!
冬からしっかり脱毛して素敵な夏を迎えましょう☆

 

 

 

 

▽使用方法のおさらいです

・事前に剃毛し、保冷剤で、照射する部位を冷却、照射後も冷却 繰り返します。

 

・低いレベルから目立たない部位でテスト照射を行います。1日以上経過後、大丈夫な事を確認してから使用します。

 

・部位毎にテストを行います。

 

・照射部位は清潔、保湿を行います。

 

・まずは2週間に1回くらいを目途に、4回から5回繰り返し使用してみましょう。

 

 

照射される光を直接見ないようにしましょう。
眼に負担をかけないためにサングラスが付属されています。

 

ケノン サングラス

 

 

ケノンを選んだ理由抜粋情報

 

 

フラッシュ(光)脱毛だからです


 

 

1回の照射範囲が広いので楽だから
脱毛作業の時間短縮になるから


 

 

痛みを軽減したいから
トリアを使っているけど、レーザーよりフラッシュの方が痛くないとのことなので


 

 

海外製品には真似できない日本品質だから
日本人の肌質に合わせた光だから


 

 

消費量について

 

2016年7月21日にケノンを購入し、脱毛用ラージカートリッジで

 

妻が背中と太ももに、

 

自分が顔と太ももとすねに照射しています。

 

 

1ヶ月半月経って残量はこのくらいです。

 

強さによってショット数は変わります。

 

参考までに買ったときについているラージカートリッジの9月6日現在の残量は、

 

 

 

です。

 

 

使用しているカートリッジは、買ったときについているラージカートリッジです。

 

未使用の物はレベル1で200,000発、レベル10で13043発照射できます。

 

2人で使用していて1ヶ月半経って現在この位の消費量です。

 

単純計算でこのラージカートリッジはあと4ヶ月くらいもちそうです

 

 

本体同時購入やサービスなどで現在脱毛用のカートリッジが合計5個あるので、これだけで二人十分脱毛作業ができそうです。

 

 

別途購入した、スキンケアカートリッジを妻が大変気に入って頻繁に使用しています。

 

なので一番先に追加購入が必要になるのは、スキンケア用カートリッジになりそうですね。

 

 

 

実験:実際どのくらいの照射回数が必要なのか?

 

ラージカートリッジで足のくるぶしから股関節まで右足一本

 

照射レベルは8で脱毛作業をしました。
始める前の使用回数残量は、

 

レベル8 残11906発

 

 

▽脱毛作業後、

 

レベル8 残11680発

 

に。

 

 

今回レベル8で右足全体を念入りに照射しました。

 

成人男性の右足全体の脱毛作業に必要な照射回数は、

 

250発弱でした。

 

 

使用してはいけない部位

 

ホクロ、にきび、あざ、いぼ、タトゥー、目、目の周り、日焼けした肌、ステロイドを持続的に使用している部位

 

使用してはいけない人


■妊婦、授乳婦、光線過敏症の人は使用を避ける
■粘膜(Iライン、Oラインなど)は避ける
■皮膚がんの原因に成り得るのは紫外線で、ケノンの光は別の光線
■アレルギー体質、皮膚に関する疾病をお持ちの方、アトピーの方は使用を避ける
■生理中は使用を避ける
■心臓ペースメーカーなど体内埋め込み式医療電子機器、人工心肺などの生命維持装置を利用中の方

 

 

ケノンハンディタイプとは?

 

一時的に廉価版のケノンアルファが一時的に2016年に発売

 

価格は49800円のハンディタイプ

 

本体とハンディが一体となっているため重量は400グラム

 

照射レベルは6段階

 

照射範囲は1.2cm×3.4cm

 

(現行のケノンは、照射レベル10段階、照射範囲は2.5cm×3.7cm、ハンドピース部分の重量は120グラムです)

 

 

△っと、

 

ネットを見ていたらそんな情報を眼にしましたが、それ以上の情報が出てこなくて商品自体も見つける事は出来ず真意は不明です。

 

 

エムロックの歴史抜粋

 

■2008年頃 フラッシュ脱毛器シルキン パスルライト 海外仕様のものも発売されているが日本仕様正規品の独占販売
■2008年頃 フラッシュ脱毛器センスエピを輸入販売 パスルライト 海外製(イスラエル)
■2011年頃 フラッシュ脱毛器イーモリジュを販売
■2012年〜 フラッシュ脱毛器がケノンの発売開始 パルスライト キセノンランプ 国産

 

■2016年のケノン
2016年にストロングカートリッジが追加、スリムカートリッジとひげカートリッジが無くなりました。

 

■ケノンは2012年に販初号機が売開始(照射回数5万発,照射面積は現行機種よりも狭い)しましたが、
照射面面積の大幅アップや照射可能回数の増量など、

 

本体価格は据え置きで、脱毛器の各種性能を随時バージョンアップさせています。

 

同じケノンでもバージョンと言うものがあります。

 

2016年7月に購入するとバージョンは6.2です。

 

トリア バージョン6.2

 

なので中古で購入するのはあまりお勧めしません。

 

 

 

エステと家庭用脱毛器の違い

 

エステは繁忙期は予約がとりずらい事があるので家庭用脱毛器の検討はオススメです。

 

エステの場合、総費用が思ってたラインを超える事があるので決まった額で購入できると言うのもメリットです。

 

 

 

 

脱毛のメカニズムについて

 

毛の成長には、3つの状態が関係します。

 

▽休止期
■次の毛が生える準備
■眼に見える部分に毛はない
■皮膚の中で次の毛が生える準備をしている
脱毛器効かない

 

▽成長期

 

■伸びていく
■活き活きと生えている毛が見える
脱毛器がターゲットにする時期

 

▽後退期

 

■抜け落ちる直前
照射しても仕方がない

 

 

 

脱毛のポイントは、成長期にある毛のタイミングで照射し、照射した(黒い)目に見えない毛の根元の毛根にまでダメージを与えて、次に生えてくる毛を細く弱らせる事です。

 

黒い部分にフラッシュ脱毛器、レーザー脱毛器は威力を発揮します。

 

成長期の毛を伝わせてダメージを毛根に届けるイメージです。

 

また次にも毛は生えてくるのですが、繰り返すことでどんどん弱っていきます。

 

 

自分自身を毛になったと思って想像してみてください。

 

ヒョコっと皮膚から顔を出したら、稲妻のような強烈なダメージを与えられる。

 

そしてそれを出るたび繰り返される。

 

 

 

・・・。

 

 

 

・・・。

 

 

毛穴から出る気無くなりますよね??

 

絶望的な気分になると思います。

 

ってなわけで弱っていくし、力尽きてしまうのです。

 

 

 

毛の周期は身体の部位によって異なります。

 

例えば男性の毛髪は、

 

成長期が2〜6年、

 

退行期が2〜3週間、

 

休止期が3〜4ヶ月

 

と言われています。

 

 

身体の毛のサイクルはもっと短くて、

 

わき毛は、2ヶ月〜3ヶ月くらいで一週、

 

アンダーヘアも2ヶ月〜3ヶ月くらいで一週すると言われています。

 

 

つまり2ヶ月〜3ヶ月の間に毛の生えない休止期、伸びる成長期、抜ける前の後退期があると言う事です。

 

トリア、ケノンの脱毛はまずは2週間に1回のペースで照射してくださいとあります。

 

これで、上手に休止期を終え成長期に入った毛に照射を数回できる事になります。

 

また、全ての毛が同じリズムでは無いです。

 

休止期に入った毛もあれば、成長期にある毛もあるはずです。

 

そういうのも含めて、2週間に1回くらいで照射がおすすめと言う訳です。

 

 

ケノン、無駄毛が生えてこなくなるメカニズム

 

皮膚から出ている部分をの毛を“毛幹”、

 

皮膚の中にある部分の毛を“毛根”と呼びます。

 

見えている部分が毛幹で、

 

見えていない部分の毛“毛根”の更に一番根元のふくらんだ部分を“毛球”と呼びます。

 

毛の根元の“毛球”の先端には“毛乳頭”と呼ばれる部分が更にがあって、

 

その“毛乳頭”が、“毛母細胞”に毛を成長させる指示を出しています。

 

 

フラッシュ(光)脱毛器やレーザー脱毛器では、熱を発生させこの根元部分にダメージを与えます。

 

どんどんダメージを与え、どんどん弱らせて弱らせ、がっしりした毛が生えてこないようにしていきます。

 

と言う事で毛を抜く行為や毛を剃る行為と、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛とでは全く異なる行為だと言う事です。

 

 

 

永久脱毛の定義

 

米国脱毛教会は、

 

“最終脱毛してから1ヶ月後の毛の再成率20パーセント以下”を永久脱毛の定義としている。

 

エステでは現在永久脱毛と言ってはいけない。

 

毛乳頭、皮脂腺開口部を破壊する行為は、医師免許を有しない者は行ってはいけないことになっている。

 

 

 

ケノンの美肌カートリッジ(IPLフォトフェイシャル)のメカニズムについて

 

超簡単に言うと、

 

肌の中に残っているシミやくすみの原因を分解

 

ハリやみずみずしさを保つ細胞を刺激して再度ハリやみずみずさを肌に持たせる

 

ことを期待したカートリッジです!

 

 

▽以下は肌の事についてもっと詳しく調べたい人向けになります

 


肌のことについて凄く細かいですが、しかし全ての理屈がわかるように解説します。

 

メラニンの排出 メカニズム

 

メラニンの排出 メカニズム

 

 

皮膚(肌)は表皮と真皮と皮下組織と言う、3つの層に分けられています。

 

正常な表皮の寿命は約4週間程度です。

 

表皮は角層(角質層)、淡明層、顆粒層、有棘層、基底層に分けられます。

 

基底層(表皮の一番奥、真皮の上)にある角質産生細胞(ケラチン細胞)で産生され、

 

2週間程度で角質層(表皮の一番上)まで上がり、

 

2週間程度、肌表面を形成してそしてフケや垢になり剥がれ落ち寿命を終えます。

 

 

角層(角質層)には、角質細胞と角質細胞間脂質があります。

 

■角質細胞は“天然保湿因子”と呼ばれています。

 

■角質細胞間脂質は“セラミド”と呼ばれています。

 

 

セラミドが減少するとどうなるかと言うと、

 

皮膚が乾燥しやすくなったり、皮膚のバリア機能が弱まってしまいます。

 

バリア機能が弱まるとどうなるかと言うと、

 

気温や湿度の影響を受けやすくなったり、体内からの水分が蒸発しやすくなってしまったり、汗や接触による刺激や、ダニやホコリになどの異物よる刺激を受けやすくなってしまいます。

 

つまりセラミドは、保湿や肌のバリア機能として大事な役割を担っています。

 

同じように皮脂、角質細胞、が不足する事によってもドライスキンになって外部からの刺激を受けやすくなってしまいます。

 

 

 

“ターンオーバー”

 

ターンオーバーとは、この肌の生まれ変わりのペース、リズムの事です。

 

ペース、リズムが良いほど新鮮な皮膚でいられるため肌の調子が良いです。

 

 

しかしこの周期が乱れる事で肌トラブルが起きやすくなったりします。

 

そして年齢を重ねるにつれてどんどんペースが遅くなっていってしまいます。

 

つまりシミの原因となるメラニンも素早く外に排出できず、皮膚の中に長時間残ってしまったり部分的にいつまでも長年残ってしまったりしてしまいます。

 

 

 

シミの原因となるメラニンを形成するメラノサイト(メラニン産生細胞)は、表皮の基底層(表皮と真皮のつなぎ目部分)に存在します。

 

基底層は、ケラチン細胞(角質産生細胞)とメラトニン(メラニン産生細胞)からなります。

 

メラニンは、メラノサイトでチロジンから産生されます。

 

 

メラトニンが外に出にくくなることで、メラトニンが残った部分だけ周りの肌の色と差ができシミやくすみの原因になります。

 

年齢を重ねるにつれ外に出にくくなってしまいます。

 

なのでこのメラニンを外に出し易くする事で、美肌に近づくことになります。

 

 

メラニンの排出には2つルートがあります。

 

上ルートで排出

 

メラニンの排出 メカニズム

 

徐々に押し出され肌の外に出る。

 

たくさん紫外線を浴びていると、角質層は固くなり、メラニンが外にでにくくなってしまいシミができやすくなります。
過剰な紫外線を浴びるとシミができやすくなると言割れるのはこのような理由からです。

 

補足))シミの原因の他にたくさん紫外線を浴びているとしわの原因にもなります。

 

真皮には弾力性や潤いを保つ、コラーゲンやヒアルロン酸やエラスチンが存在しますが、

 

たくさん紫外線を浴びていると、真皮中の弾力性を保つコラーゲンが壊され弾力がなくなりしわができやすくなります。

 

紫外線の他、ストレスや加齢などの影響によっても、コラーゲンは次第に減少して弾力性や潤いがなくなっていきます。

 

ちなみに本来メラニンと言うものは、この紫外線から体を守るために産生されるものでありシミの原因にはなってしまいますが、一概に悪いものでもないのです。

 

 

下ルートで排出

 

メラニンの排出 メカニズム

 

メラニンは真皮中の細胞に取り込まれて血液、リンパ液に乗って外に排出されます。

 

 

注))“メラトニン”と言う名前のホルモンがあるのですが、メラニンとメラトニンは全く関係ありません。

 

メラトニン:睡眠に関係しているホルモン
メラニン:しみの原因

 

 

補足

 

■ビタミンCの働き:メラニンの産生を抑制します。茶色いメラニンを透明にします。傷ついたコラーゲンを修復します。

 

■ビタミンE:メラニンの産生に関わる酵素の働きを邪魔してメラニンができにくくします。ビタミンCの働きを助けます。血液の流れを良くして外にメラニンを出しやすくします。

 

 

ケノンのフェイシャル(美顔)機能の美顔カートリッジでフラッシュ照射する事で、まず表皮の中に存在するメラトニンが分解されます。

 

分解されて小さくなったメラニンは外に排出されやすくなります。

 

 

光治療はIPLと呼ばれます。

 

IPLは、intence pulsed light (インテルス・パルス・ライト)の略です。

 

安全な美容医療、アンチエイジングとして注目されています。

 

光治療の種類には、

 

■ライムライト:浅い部分に効果が高いと言われている
■オーロラ、リファーム、ポラリス:たるみやしわに
■スムースクール
■フォトフェイシャル 

 

などがあります。

 

 

フォトフェイシャルはレーザーに近い波長をもっています。

 

レーザーとの違い何ですが、フラッシュ照射した光の中でピンポイントな作用では無く複数の作用を同時に起こします。

 

 

短い波長が、表皮層(浅い部分)のシミやくすみの素の色素沈着に作用(メラニン色素の分解)します。

 

長い波長が、真皮層(深い部分)まで作用、皮膚を活性化、コラーゲンを増加させシワの改善や肌のハリ感に作用します。

 

真皮上層部に刺激→線維芽細胞の活性化→コラーゲン生成促進です。

 

他、赤ら顔や毛穴の開きに作用します。

 

 

ターンオーバーを促進する事により、シミの改善、くすみが減って水々しい肌に、保湿力が高まる、しわやほうれい線の解消

 

などに期待が持てます!

 

 

 

 

 

トリアについて

 

トリア

 

2005年にレーザー脱毛器のアイエピ(i-epi)を販売

 

2011年5月トリアパーソナルレーザー脱毛器プラス

 

→2013年トリアパーソナルレーザー脱毛器X4へ

 

 

低価格帯商品

 

2014年トリアパーソナルレーザー脱毛器 プレシジョン発売

 

 

4Xとプレシジョンの違い

 

 

■最大出力は同じ
■4Xはレベルが5段階調整、プレシジョンは3段階調整
■照射速度は4Xの方が早い
■充電の持ちは4Xの方が良い

 

 

 

 

 

医療用レーザーの種類

 

ダイオードレーザー

 

■トリアに使用されている

 

参考:トリア

 

■レーザーのクラス1
■810ナノメーター
■内臓電池の充電可能回数500回

 

目安:1回のフル充電で
最低出力レベルで1700回、
最高出力レベルで450回

 

 

ダイオードレーザーは、痛みが少ないと言われている。

 

サイノシェア社、ルミナス社などが製造している。

 

 

アレキサンドライトレーザー

 

キャンデラ社などが製造している。

 

ヤグレーザー

 

濃いヒゲに最適と言われている。

 

ライトシェア・デュエット

 

痛みが少ないと言われている。

 

 

他、G−MAXアレキサンドライトレーザー+ヤグレーザーなどがある。

 

 

・フラクションレーザーは毛穴のトラブルに用いられる

 

・Qスイッチレーザー しばかす、しみ、あざに

 

波長

 

深い部分のシミに 

 

炭酸ガスレーザー>
YAGレーザー>
ダイオードレーザー>
アレキサンドラレーザー>
ルビーレーザー

 

浅い部分のシミに

 

 

光は、複数の波長を持っていて色々な作用を同時に起こす
レーザーは狙ったところピンポイントに作用する

 

光はレーザーに比べ皮膚の表面に作用します(表皮の浅い部分)
レーザーは光に比べ皮膚の深いところに作用します

 

 

レーザー光は、波長が異なります

 

波長が長いほど皮膚の中まで入っていきます

 

レーザー

 

美容皮膚科など、医師免許を持った医師ももとで行われる施術です。
エステなど、医師免許を持っていない者のもとでは施術できないと医師法第17条で定められています。

 

美容皮膚科では例えば、パルスアレキサンドレーザーやダイオードレーザーやヤグレーザーやなどのレーザーが用いられています。

 

一般的には光よりもレーザーの方が作用は強力と言われています。
だから医師免許を持った者が関与していないといけないと定められているのでしょう。

 

日焼けをしている場合、脱毛したい“毛”以外に肌にも影響してしまうため日焼けの程度によってはレーザーが照射できない事もあります。
なので夏を目指して秋から冬にかけての脱毛が適したタイミングです。

 

健康保険は勿論適応外です。

 

個人差もあり、その美容皮膚科の方針にもよりますが、

 

美容皮膚科の脱毛では、部位ごとに1か月に1回程度を5回くらい実施しているようです。

 

料金に関しては、美容皮膚科にもよりますが大体一回程度の施術で、部位ごとに1万円〜8万円位が目安になるようです。

 

なので、例えば
片脇の下 1回10000円×5回で施術終了
太もも 1回50000円×5回で施術終了

 

っと言った具合です。

 

2週間以内に毛を抜いている場合、黒い毛が無く対象が無くなる。

 

光よりも痛みあります。

 

 

 

■エステと比べて家庭用脱毛器の使用は予約や実際に通う手間、人とやりとりする煩わしさが省ける。
■トリアはクリニックなどで使用されるダイオードレーザーを使用
■医師の資格が必要なレーザー脱毛の施術、そのレーザーを家庭用に扱いを安全にしたものがトリア

 

■トリアには30日間返金保証キャンペーンがあります。
つまり30日以内ならどんなに使っても返品可!
なんてすごい自信。2016年10月現在

 

■無駄毛に含まれる黒いメラニンを狙うよう設計されているので肌への影響が少ない。
■まずは2週間に1度のケアを3ヶ月!
■カートリッジの交換は必要ない。買い足しなしの充電で全て済む。
■冷却ジェル不要、肌への負担が少ない

 

■レーザーは光より威力は強力です。
しかし、照射直後の見た目には変化はないです。2週間後くらいでスルッと毛が抜けます。

 

■使い方は、毛を剃り照射する だけです。

 

■クラス1レーザー
簡単に言うとクラス2、3、4に比べ高安全基準の証明です。

 

 

自分はトリアを4年前に買いました。
相当使いましたが今でもしっかり使用できます。

 

 

▽トリアの音

 

 

 

トリア

 

トリア

トリア

 

 

▽もっと情報を集める

 

トリア公式サイト>>

 

トリアとケノン 比較>>

 

 

 

トリアとケノンの比較

 

トリアとケノンの比較

 

トリアとケノンの使用直後を比較するとトリアの方が使用直後は実感が少ない感じがします。

 

 

一方でケノンの場合は光を当てたヶ所の毛がちりちりになります。
照射した時に焦げた匂いもします。
燃えるように設計されているのか、強い光をあてると焦げるのかわからないですが、このような理由で照射直後にも無駄毛処理になります。

 

(ごまかしの実感があります。)

 

先端は焦げるのでチクチクはしません。

 

ケノンは、純粋な脱毛作用とごまかしの(その場しのぎの)脱毛作用の両方を兼ね備えている感じです。

 

自分の実感ですが、

 

トリア(レーザー)とケノン(光)で脱毛した場合、

 

トリアの方が痛みは強いです。
でも、照射したあとの皮膚の状況はとくに目に見える部分ではありませんでした。

 

 

作用を最大にしたいと思っているので、トリアもマックスの5でヒゲに照射していましたが照射後の肌に目に見える影響はありませんでした。

 

ケノンの場合はヒゲに8で照射しました。
(ケノンのマックスは10)

 

痛みはトリアに比べて無いのですが、照射後肌荒れを起こしました。

 

光の方が痛みは少ないけれど肌に刺激になるのかな?っと思いました。
最初顔に使用した時は、冷却もきちんとせず、照射後の化粧水、クリームもサボってしまったため次の日は肌荒れ・・・。

 

なので今は顔に照射する時は、しっかりと効果を実感したいのでレベルは8で、冷却と化粧水とクリームはしっかりと使用を心がけ、念のため次の日出かける用事の無い日に使用しています。

 

 

レーザー脱毛器や光脱毛器で照射をすると、黒い色素(メラニン)を有する細胞(毛、皮膚)に対し高熱をパッと発生させます。
濃い部分に反応するので主に毛ですが、皮膚にもメラニン色素は存在しているので皮膚にも影響がないわけでは無いです。
なので皮膚の温度が上がって炎症を起こさないようにやけどをしないようにすぐに冷やしてあげる事が必要です。
また、照射後は乾燥します。保湿を心がけましょう。

 

ヒゲに関しては、トリアで頑張ったら綺麗になりました!

 

ほとんど生えてくる毛はどんどん弱くなっていったのですが、

 

何度照射してもピンピンしている謎の毛が何本かあって、それを中心に時々照射を継続している感じです。

 

理屈で言うと、レーザーや光脱毛の照射時に毛を抜いた事がある場合毛周期がずれていて、照射時に毛根まで刺激を届かせる黒い毛が無いために毛を抜いたことがある人は何度も照射する必要があります。

 

脱毛完了までの時間が長引いてしまいます。

 

ですが、今残っている毛は黒い毛があるのをしっかりと確認して照射しているので、どんどん弱って細くなっていって良いはずなのですけど、なぜか元気です。

 

人体の不思議です。笑

 

 

でも脱毛する前に比べてトリアのおかげでヒゲの手入れが大幅に楽になった事は確かです。

 

自分は肌があまり強くないので、すぐにカミソリ負けをしてしまっていましたし、剃った部分におできができやすかったんですけど、
それも無くなりましたね。

 

 

毎日のヒゲのヒゲソリ(シェーバー)での手入れは不要になって、気が付いたら伸びている1本2本のヒゲを鼻毛切りハサミでカットしています。
2週間に1回くらい細い産毛のような毛を剃って、たまに脱毛器で全体的に照射していました。

 

 

 

・ビキニライン
・VIO(ハイジニーナ脱毛)
・ワキの下
・口周り
・ヒジ下
・ヒザ上
・ヒザ下
・背中
・腹部
・胸
・手
・手の甲
・指
・腕
・脚

 

・顔